Just another WordPress site

全部翻訳

未分類

NLPダイエットとは?心理学で痩せる?NLPダイエットのやり方の全体像!


春がそこまで近づいてきましたね!薄着の季節がやってきます。華やかなファッションを楽しみたいですね。

しかし、気になるのは冬の間に蓄積されてしまった脂肪!厚着の間は隠すことができた脂肪を、直視しなければなりません。

私も、春服を買いに行って、試着室の鏡に写った自分の姿に、危機感を感じています。

そこで、今、巷で話題のNLPダイエットで、私と一緒に楽しく痩せてみませんか?

NLPとは?

NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の略称で、別名「脳の取扱説明書」と呼ばれる心理学の一つの分野です。

NLPは、心理療法の分野で有名な、3人の天才セラピストを分析し、誰でも同じような結果が出せるような共通のパターンを見出し、まとめられました。

天才達の扱う「言語の使い方」「非言語(ノンバーバル)の使い方」「無意識の活用の仕方」が科学的に分析され、体系化され、誰でも実践で活用することができるようになりました。

NLPは、心理療法の一つでもあり、仕事や人生、人間関係に有効なものとして、欧米を中心に、急速に広まり、世界のトップビジネスの場面や、スポーツの世界でも活用されています。

近年は、日本でも学ぶことがブームになってきて、幅広い年代層に受け入れられています。

ヒトは、五感(視覚・嗅覚・味覚・聴覚・触覚)を通して、出来事や体験を認識し、言葉によって意味づけをしています。

そして、記憶として定着させ、一定のパターンが出来上がっていきます。思い込みも同じです。自分の得意や不得意、自分の中で正しいと思っている事柄、自分に対する認識や評価なども、いつのまにか形成されパターン化されています。

このことを、NLPでは「プログラミング」と言います。プログラミングが、一定の思考パターンや行動パターンをつくっています。

私達の思考や行動は、今までの人生での様々な体験を通して、神経、言語、非言語によってプログラミングされてきたのです

一度プログラミングができあがると、条件反射のように、同じパターンを繰り返し、このパターンの違いによって、望む結果やそうでない結果を手にする人が現れるのです。

NLPでは、心理学と言語学からプログラミングの構造を解明するとともに、「再プログラミング(リプログラミング)」する方法も確立しています。

NLPダイエットとは?

人の思い込み、思考パターンや行動パターンは、望む成功やゴールに到達するために、実証済みの効果的な手法を用いることで、より良く変えることが出来ます。

ダイエットに成功した人達は、イメージするということがうまく使えているのです。

厳しい食事制限や、がむしゃらに運動を頑張れば、必ずダイエットに成功するとは限らないということは、多くの方が知っていると思います。

もし、一時的には痩せられたとしても、リバウンドししてしまったり、痩せる前に身体を壊してしまうこともあるかもしれません。

ヒトの体重は、脳が決めているのです。太る脳から痩せる脳へと、理想体重や体型をイメージし、脳にインプットすることで、理想の体型に近づいていきます。

脳を使って、意識と無意識を、痩せる方向へと向かわせることが、ダイエット成功の秘訣なのです。

NLPでは、自分とコミニュケーションをとりながら、ダイエット成功への明確な目標をかかげ、イメージをうまく取り入れて、成功へ向かわせます。

心理学で痩せることはできるの?

精神的なストレスから食べ過ぎてしまったり、食べていると安心感を感じることができるという理由で、お腹が空いてないのに食べてしまうなど、無意識の中にある心の癖によって、必要以上の栄養を体に与えてしまうことがあります。

ダイエットをするぞと意気込んで運動を始めても、三日坊主になってしまい、続けられなかったという経験もあると思います。

私もどちらもあります。食事制限や運動への意欲は、モチベーションの維持が難しく、普段の日常の生活の中でいつのまにか元どおりになってしまいます。

これは、人間の生理的な反応や脳の機能の必然性であり、ヒトに備わっている生体反応なので、続かないことで、自分を責めることも反省することも必要ありません。

何故ダイエットをするのか?という、明確な目標や願望を大事にしましょう。

NLPダイエットのやり方を解説

まず始めにすることは、自分の使う言葉を変えることです。

ダイエットするぞ!と決めたとします。最初に、頭の中に湧き出てきたのは、どんな言葉でしょうか?

甘いものを食べない、間食をしない、ジュースを飲まないなど、このような否定の言葉が思い浮かんだ場合、その時点でダイエット成功の確率は一気に下がりました。

無意識は、否定形を処理できないため、「〇〇しない」は「〇〇する」ということにしてしまうのです

無意識否定形を処理できないということは、上の言葉は、甘いものを食べよう、間食をしよう、ジュースを飲もうという風に変換されてしまい、その結果自分が否定した行動をとってしまうのです。

否定的な言葉、表現ではなく、肯定的な言葉、表現を使い、おやつは食べてもいいけど、出来るだけヘルシーなものにするとか、ジュースはフルーツのフレッシュものなら飲むのをOKにすると表現します。

肯定的な言葉を使うようにできたら、さらにもっと明確な目標を立てます。

理想の体型や体重、痩せたときに何がしたいか、どんな服が着たいかなど、自分の理想をイメージします。ノートに書き出したり、写真でイメージを湧かせてもいいですね。

イメージが湧いたら、イメージトレーニングを行い、脳に強く記憶させます。インプットができたら、脳が目標を達成するために働き出し、自然に体を痩せさせてくれます。

ダイエットとして実際に行うことは、どんな方法でもよいのです。巷には、いろいろなダイエットの方法が提示されています。

適切な運動や、バランスのとれた食事など、痩せるための情報は、脳が働き出せば、自然と自分に必要な情報は、目につくようになってきます。あとは、それを実践していけばいいのです。

実際に痩せる脳になってしまえば、どのような方法でも、結果が出るのです。

NLPダイエットのまとめ

NLPダイエットのやり方をまとめると、

1.否定的な表現を使うのをやめて、肯定的な表現を使うようにする。

2.明確な目標、願望をあらわしイメージする。

3.イメージトレーニングで、脳に理想の自分をインプットし、脳からの指示を行動にうつす。

脳のプログラミングが体型に影響を与えていることがわかれば、そのプログラミングを否定してしまうのではなく、それさえも「そんな自分もいいんだよ」と認めた上で、新しく自分のイメージをインプットし、美しい自分になりましょう。

-未分類

Copyright© 全部翻訳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.